防災地質

グランドアンカー維持管理に効率的手法が登場

SAAM(サーム)システムとは

SAAM(Sustainable Asset Anchor Maintenance)システムとは、グランドアンカー工が施工されたのり面の維持管理に必要なアンカー緊張力等に関する調査を、小型・軽量なSAAMジャッキを用いることで、効率的かつ有効に行えるシステムです。

※国土交通省 新技術情報提供システムNETIS登録 登録番号:SK-070009

 

 

SAAMジャッキを用いたリフトオフ試験とは

SAAMジャッキを用いることで、リフトオフ試験を効率的で迅速に実施できるとともに、アンカーが施工されたのり面全体の緊張力分布状態を把握できます。

 

旧来ジャッキを使用

・クレーンでの搬入が必要
・足場の仮設が必要
・通行規制が必要

 

 

↓ (ジャッキの小型・軽量化)

 

 

SAAMジャッキを使用

・人力での搬入が可能
・足場の仮設が不要
・通行規制が不要

 

  ↓

リフトオフ試験の簡便化;迅速化

 

取得したデータより、のり面の緊張状態を面的に表現することで、メンテナンスすべきアンカーだけでなく、斜面全体の健全度の細かな状況を把握でき、メンテナンス予備群にも利用できます。

 

SAAMジャッキ

SAAMジャッキはほぼすべてのアンカーに対応できるように、専用アタッチメントが作られています。

 

SAAMジャッキによるアンカー調査の特徴

1. クレーン等での搬入が出来ないため、従来ジャッキでは試験が困難な場所でも・・・

 

2.小型・計量のSAAMジャッキは人力で搬入できるため試験が可能です。

 

3.高所でも足場仮設無しで調査が可能です(安全上必要な場合はあります)

 

4.災害など迅速な点検が求められる場合にも対応できます。